A3,法事の時に準備するものは何ですか?

念珠ねんじゅと、あれば式章しきしょうを用意しましょう。
喪服ではなくても大丈夫です。

①喪服である必要はありません。

法事の際に喪服を着ていらっしゃる方も多くいますが、必ずしも喪服である必要はありません。男性ならばネクタイを着用し、女性ならばラフでなく、華美にならない程度の服装でお参りいただければと思います。
しかし、参加者が喪服なのに喪主は違うという場合はバツが悪いかもしれませんので、参加される方にも、一言お伝えするとよろしいかもしれません。

②念珠と式章は用意する

お念珠も式章も、浄土真宗本願寺派では仏様をお参りするときの正装です。少なくともお念珠は必ず用意するようにしましょう。
式章は古来の正装である、裃などの代わりとして用意されたものです。ただ、入手できるところが限られておりますので、出来るならば用意しましょう。
用意なさる場合はお寺にご相談されてもよろしいかと思います。

お念珠
左が女性用、右が男性用

左が式章(門徒がつけるもの)
右が輪袈裟(僧侶がつけるもの)

式章はこのようにかけえます

式章をつけて合掌
両手の人差し指から小指を念珠に通して親指で軽く押さえましょう。

 

よくある質問一覧にもどる

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺