A2,法事は何回忌までしたらいいのでしょうか?

出来うる限り続けましょう

法事は、私たちが命のつながりを感じさせていただき、仏様の教えをお聴聞ちょうもんする場です。
法事を行う、自分たちが仏様を、そしてご先祖様を大切にすることは、自分たちの後の世代が仏様を、そして私たちを大切にしてくれることにつながります。
法事は大切な「いのちのリレーの場」なのです。
最近は七回忌や十三回忌をめどに、法事を終えてしまう方もいらっしゃいますが、それをやってしまうと、私たちのご先祖様が大切にしてきたものがどんどん廃れていってしまいます。
ご先祖様が大切にし、この世の命を終えた後は仏様となって私たちのもとにはたらいてくださるからこそ、私たちは当たり前のように手を合わせているのです。
亡き方を思い、命のつながりを思いながら法事を勤めさせていただきましょう。

法事に関しては「浄土真宗の教え」のなかの「法事について」でも、法事の意義や年忌法要の算出の仕方など、詳しく述べています。

 

よくある質問一覧にもどる

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺