長念寺定例法座

法話会の様子 毎座、紺の聖典を使っています

 毎月15日は、私の実家である登戸の長念寺で定例法座じょうれいほうざが行われています。(8月はお盆の為おやすみ)

 法話会ではご讃題さんだいと言って、聖典のごもんを頂戴してから、法話を行います。長念寺の法話会では、ご讃題が事前に決まっておりまして現在は紺の聖典に載っているご和讃わさん(親鸞聖人が著したうた)を順番に頂戴しております。

 今月の担当は私でした。ご和讃は浄土真宗で最も大切にされている『仏説無量寿経ぶっせつむりょうじゅきょう』というお経のことをうたった大経讃だいきょうさんの中から

大寂定だいじゃくじょうにいりたまひ
如来にょらい光顔こうげんたへにして
阿難あなん慧見えけんをみそなはし
問斯慧義もんしえぎとほめたまふ

浄土和讃じょうどわさん」大経讃

如来興世にょらいこうせ本意ほんいには
本願真実ほんがんしんじつひらきてぞ
難値難見なんちなんけんとときたまひ
猶霊瑞華ゆれいずいけとしめしける

「浄土和讃」大経讃

の二首を頂戴し、なぜお釈迦様が『仏説無量寿経』をお説きくださったのかをご一緒に味わわせていただきました。

 大切なところであるからこそ、少し難しいお話になってしまったかもしれません。反省。

 仏様の教えをわかりやすくお取次ぎするのは我々僧侶の永遠の課題。これからも試行錯誤をしていければと思います。

今週末 9月19日(土)14時からオンラインにて秋季彼岸会をお勤めいたします

詳しくは、ブログ「秋季彼岸会」をご覧ください。

-日日慶念寺(ブログ), 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺