僧侶研修会

 昨日は午後に、神奈川組かながわそ(川崎と横浜の一部の浄土真宗本願寺派寺院の集まり)の僧侶研修会がありました。この度の研修会はオンラインと会場の組み合わせで行われました。住職は、オンラインでの参加。

 今回は、連絡事項と新型コロナウイルスの影響下における各寺院の活動の情報共有などがなされました。各寺院とも、感染対策をとりつつ、以前の法座や法要などの活動を再開しつつあるとのことでした。対策の方法もある程度はわかってきたので、慶念寺でも出来る限りのことをしつつ活動の再開計画を立てていこうと考えております。

 しかし「うつらない・うつさない」ということが大切なので見切り発車はせず慎重に進めていきます。

 さて、昨日はオンラインでの研修会の為、私は仕事部屋にこもっておりました。
 研修会の時間と娘の保育園のお迎えの時間がかぶっていたため、妻が息子を連れて保育園へ。すると

「い~しや~きいも~ おいも~ ほっかほか~のほっくほくっ いっしやっき~いしやっき~おいもっだよっ」

という歌声が聞こえてきたそうです(実際に歌って確認したため間違いありません)

 この寒さの中、聞こえてきた歌声に妻は居ても立っても居られなかったそうです。

妻「ねぇ、ちょっとお母さんあそこに行きたいんだけどいいかな?」

娘「えーいいよー」

とやり取りがあり、ゆっくり走る車に向かったそうです。

そして、お目当ての物をげっとして子ども達と食べたそうです。食欲旺盛な息子と甘いものが大好きな娘は、それはもう夢中になって食べていたようでした。

 私が研修会を終え、みんなのところに行くと、おやつは終了済み。私はほっかほか~のお芋にはありつけませんでした。残念。

 ちなみに妻、「石焼き芋。思ってたよりずっと高かった」とショックを受けておりました。しかし

「子供が良く食べていたからまあいっか~今回は授業料!」

と前向きでした。それが一番ですね。うちのあたりでは石焼き芋の車は毎年走ってますが、他の地域でもまだあるのかしら?

 

今月の法話会。下の画像からならお参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

コチラの画像よりYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ), 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺