築地の動物たち③

どこでしょう?

 本日も、築地の動物を紹介します。なぜ一日空いたか。それは、上のこの子をうっかり撮り忘れていたからです。一昨日築地本願寺の職員さんに連絡をして昨日、送ってもらいました。お手数をおかけしました。

 さて、この写真、動物はどこにいるでしょうか?ちょっとわかりにくいもしれません。少し寄ってみましょう。

 こんなところに手すりを口から出している子がいます。この子の名前は

グロテスク(発見難易度☆☆★★★)

 本当です。嘘じゃないです。でも、なんでそう呼ばれているかは実は私は知りません。また機会があったら調べてみたいと思います。強烈な見た目なので、是非探してみてください。

 そして、本当は今日のブログでは一般の方は立ち入りが出来ない箇所の動物を紹介しようと思っていたのですが、実は先日のブログでミスがありました。

 「あーあれの事ね」

と思ってくださる方もいるかもしれません。いつもありがとうございます。

 それは、「築地の動物①」でのことです。どんなミスか。写真でお伝えします。

さあ、間違いはどこでしょう?

 はい。とんでもないミスを犯しておりました。もしかしたら私、疲れているのかもしれません。

「どこからどう見ても牛じゃない!!これは、象です!!」

それを何を堂々と

「牛です」

とか言っちゃっているのでしょうか私は。ちなみに私、ブログに投稿する前に何度か文章を確認しております。それで自信満々に投稿しているのです。だからこそたちが悪い。

 ちなみに私これ気づいておりませんでした。気づいたのは妻。昨日の夜の事。

妻「あのさぁ。ブログ間違ってない?多分象だと思うんだけど。いや、私も写真を何度か確認したんだけど。あれは牛じゃなくて象じゃない?」

私「へっ!?」

妻「確認してみて」

私「…」

私「象です。牛じゃなくって象です」

こんなやり取りがありました。なので、この場でお詫びいたします。

大変申し訳ありませんでした。

 ちなみに、元のブログは反省の意味も込めてこのままにしておきます。でも、誤解があるといけませんので「注」だけは入れておきます。

 もう一度申し上げます。上の写真は牛ではなく「象」です!!

象です!!

 本日の最後にもう1匹ご紹介いたします。この動物の存在を私は知りませんでした。最近になって気づかれた動物のようです。私の父も長く築地に通っておりますが、知らなかったようです。ですので、是非「われこそは築地本願寺通なるぞ!」という方は探してみてください。もちろん、知っている方もいらっしゃるかもしれませんが…

それが、こちら!

ヤモリ(発見難易度☆☆☆☆☆)

  どこにあるでしょうか?是非、いつか築地本願寺にお参りに行った際は、私のブログを片手に探してみていただければと思います。

 築地動物①・②・③で紹介した動物たちは、全て一般の方がお参りした時に立ち入れる場所にあります。是非チェックしてみてくださいね。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。今月の法話会は下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺