2つの盂蘭盆会

7月に慶念寺盂蘭盆会、8月に実家長念寺の盂蘭盆会が勤修されました

慶念寺の盂蘭盆会

 慶念寺の盂蘭盆会は7月18日(土)に勤修されました。法要は、人数を制限して、マスクにいフェイスシールド着用で行いました。参拝者の皆様にもフェイスシールドをお配りいたしました。
 新型コロナウイルスの感染拡大が心配な中での法要でしたので、かなり心配ではありましたが、何とか無事に勤修することが出来ました。

 ご講師は千葉県我孫子の真宗寺より、柏倉学法師をお招きして、お盆について、自身のいのちの有様を見つめることについて、お話をいただきました。
 今回は試みとして、YouTubeライブでのライブ配信も行い、お寺に足を運ばなくても、参拝・お聴聞ができるようにいたしました。
 今後の法話会では、慶念寺に足を運んでもらうのではなく、オンラインでのお聴聞ができるように環境を整えています。

長念寺の盂蘭盆会

 私の実家である長念寺でも、8月8日(土)に午前と午後に分けて盂蘭盆会が勤修されました。この度の法要は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、座席間の距離をとり、かつ本堂と客殿の二か所に分けて、オンラインで本堂の様子を中継する形で法要を行いました。
 私は午前中は客殿にて法要と法話を、午後は本堂にて法話をいたしました。お寺は集まってこその場ではありますが、このような状況で大勢の方に一か所に集まってもらうわけにもいきません。ですので密を避ける形での法要の形を兄と父と工夫をして考えています。

-日日慶念寺(ブログ), 法要・法話会, 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺