おきまりの

小林家のおきまり

 昨日は、午前中に一軒お参りに行った後は、久しぶりに仕事関係なく実家に遊びに行き家族みんなで過ごしました。(実家は徒歩10分くらいの距離)

 娘。生まれて半年ほどで髪の毛がほぼ無くなってしまったことがありました。そういった経験もあり、前髪以外は「せっかくここまで伸びたのだから」と積極的に髪を切るように促すことはしてきませんでした。その上、11月の七五三に向けて、頑張って髪を伸ばしていた娘。伸ばすことに満足感を覚えたのか、終わった後も髪を切りたがりません。

 しかし、前髪がもう目に入りそう。一か月かけて実家も巻き込んで説得し、今日ようやく前髪を切らせてくれました。

 小林家(住職の実家)では、女子はある年齢に達するまで、前髪をパッツンにしなければならない決まりがあります。なので、その決まりに則り、娘の前髪もパッツンに切りそろえました。。。

 嘘です。単純に小さい子のパッツン前髪かわいいですよね。切った後は娘もみんなに「かわいい!」と言われ満足そうでした。

 ちなみに、この前髪。決まりではないのですが、現在中学生の従弟のお姉ちゃんも小さなころは長い事パッツン前髪でした。ちなみに髪を切るのは、伯母である私の姉。手先が器用で、工作や絵なども得意としています。みんな、伯母の手によるパッツン前髪を受け継いでおります。

 ちなみに遊び疲れた娘。夕飯の前からお手てがポッカポカでした。寝かしつけの時に、おしゃべりが止まらないので。

私「じゃあ、娘ちゃん。お父さんいるとお話したくなって眠れないから、お父さんもう行くね」

娘「えー、○○(自分の事)一人じゃなられないんだよー」

私「じゃあ、お父さんちょっとご用事済ませてくるから、待ってて。寝ててもいいからね」

といったやり取りがあり、五分くらいたってからベッドに様子を見に行くと。もうぐっすり眠っておりました。

今月の法話会。下の画像からならお参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

コチラの画像よりYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺