大きいきつね

スーパーサ〇ヤ人になれる日も近い

 年末になり、保育園も冬休みに入りました。というわけで、先日もブログでお話しましたが公園などにも行っております。娘の髪は細く若干のクセもあり、帯電しやすいようです。写真は樹脂製?プラスチック製?ともあれ、すごく帯電しやすい公園の遊具で遊ぶ娘。なんか、こんな感じのインテリア。昔ありましたよね。

 先日のことです。

娘「なんできつねが来るとお正月なの?」

私「ん??何のこと??」

娘「なんで、大きいきつねが来ると、お正月なの?って聞いてるの!」

私「???????」

こんなやり取りがありました。

 大きいきつね。何のことだろう。こちらもさっぱりわかりません。大きいきつね。結局その問いには答えることが出来ませんでした。ちなみに、妻も同じ質問をされて、同じようにこたえることが出来なかったようです。

大きいきつね

 皆様わかりますでしょうか?おそらく、ここでわかった方がいたら、同じ経験があるか、ものすごく洞察力が長けているかのどっちかです。

 その後、なんのことだかわからないまま時間が過ぎていましたが、ほどなくして質問の意味が解りました。娘がふと口ずさんだのです。

娘「大きいきつねが来-るーとー おーしょーおーがーつー」

私と妻「!!!!!!!」

わかりますか?お正月のあの歌です。「もういくつ寝ると」のあの部分を、娘は「大きいきつねがくると」と聞いていたようです。保育園で歌ったのを間違って覚えたのか、はたまたお母さんは側にいる的なタイトルをした、某教育テレビの人気番組で聞こえたまま歌っているのか…

 さておき、なぞはほぼ全て解けました。ここで、妻と相談しました。

私「どうする?正しい歌詞教える?」

妻「どうしよっか。教えてもいいんじゃない?」

私「うーん。面白いからこのままでいこう」

妻「そうしよう」

 娘にはもう少し、キツネの登場を待っていてもらうことにしました。

歎異抄公開講座「第5回」の動画を公開いたします。

詳しくはコチラをご参照ください。

今までのオンライン法話会のアーカイブを作成いたしました下のリンクもしくは、メインメニューよりお参りください

オンライン法話会

ブログバックナンバー

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺