また築地へ

 昨日は、貸出用御本尊の追加を求めるのと、築地本願寺のとある職員さんと大事なお話があり、築地本願寺に行ってきました。

 まずは、本堂でお参り。本堂にお参りに行こうとしたら、境内や外の階段のところで何人かの職員さんが広報の為の写真を撮っていました。こういった築地本願寺の職員さん達の地道なお仕事があるから、私達、築地本願寺の布教所も多くの方に受け入れていただけるんだと思います。感謝です。

ヨイショ終了

 写真は築地本願寺の本堂に入る入口にあるステンドグラスと、本堂内にあるパイプオルガンです。どちらも「日本のお寺」というイメージとは大きくはなれていると思います。しかし、お参りしていただいたことのある方にはお分かりいただけると思いますが、すごく自然に本堂の雰囲気に溶け込んでいます。

ぜひ、自由に移動が出来るようになったら、お参りした後に築地本願寺の建物の中を散策していただきたいと思います。他にも、様々な動物がいたりしますので、是非探してみてください。

 動物に関しては、今月にまた築地本願寺に行かなければならない用事がありますので、その時にでも書ければと思っております。

 パイプオルガンは、法要などにも用いられます。今年度は残念ながら規模を縮小しての執行となってしまった宗祖報恩講や、築地本願寺の本堂で行う結婚式(築地本願寺の本堂で結婚式が出来るのです。お寺の方でなくてもOK)でも用いられます。

 築地本願寺での結婚式。とても素晴らしいですよ。雅楽が演奏され、パイプオルガンが鳴り、上からは華葩(華を模した紙片)が降り注ぐ。他では絶対に出来ない結婚式が行えます。おススメです。

 興味のある方は、築地本願寺のHPをご覧くださいませ。

とはいえ、この状況下あまり長居は出来ません。ささっと用事を済ませて、帰宅しました。

 一昨年の今頃は、毎週金曜日の閉門後に雅楽のお稽古をしていたのが思い出されます。早く雅楽が演奏できる日が来ると言いな。そう思います。

 

2月13日(土) 14時より
オンラインにて涅槃会法話会を行います。下の画像をタッチしてお参りください。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺