子の成長は嬉しくもあり、なんだか寂しくもあり

私の実家のお雛様の前で写真

 最近は、ずいぶんとお姉さんになってきた娘。こんなに行儀よく座っていられるようになりました。赤ちゃんだと思っていたのに、知らないうちに出来ることが増えてきました。嬉しいですけど、いつまでも赤ちゃんだと思っていたのでちょっとだけ寂しいですね。

 大学院の時の先輩がFacebookで

「赤ちゃんの時はいつまでも赤ちゃんだと思い、園児の時はいつまでも園児だと思っている親の心を無常は打ち砕きます」

と仰っていました。まさにそうだなぁと。画面を見ながら深くうなづきました。

 ともあれこの娘。なかなか発言が面白く語録を作って残しておけばよかったと思うこともしばしば。幼い子どもの発言は、多かれ少なかれそうですよね。最近になってようやく携帯電話のメモ帳で面白発言を保存するようにしております。

 先日の事。唐突に

娘「イチゴっておにぎりに似てますよね!?」

と言い出しました。なんのこっちゃ。

 さて、昨日のブログで3月3日にちらしずしとミルクレープを食べたお話をしました。

 残念ながらミルクレープの写真を載せることは妻からNGが出てしまいました。美味しかったんですが、うまくデコレーションが出来なかったとのこと。

 そして何より、妻が一番悔いていたのはクレープの記事が想像以上にモチモチに仕上がってしまったこと。フォークで切るのがちょっと難しい。

 しかし、娘は大喜び。どうやって食べるのかなと見ていると、一枚一枚めくって食べておりました。美味しく食べてくれればそれで充分。

 そんな時、面白くないのが息子。まだ生クリームを食べさせるわけにはいきません。別でイチゴをあげていたのですが、早々に食べ終わり、ミルクレープを食べる娘に今にもとびかかりそうな雰囲気。

 そんな息子のすがたを見て、誰が言うでもなく自分のミルクレープに載っているイチゴや、間に挟まっているバナナを食べさせてあげていました。優しい。

 今のところは優しい娘に育ってくれているようです。

3月13日(土) 14時より
オンラインにて春季彼岸会を行います。下の画像をタッチしてお参りください。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺