寄り道

なんで、こんなポーズになるんだろう

 昨日のブログ「姉としての自覚と、そこでも顔出すおこだわり」の最後でも書きましたが、昨日の朝は娘を保育園に連れていく前に、新川(二ヵ領用水)に寄り道。桜を見て来ました。

 朝はなんだかのんびりしてしまう娘。しかし、目的があると準備が早いのです。ササっと準備をして、いざ出発。

 桜を見るために回り道をしていると

娘「あれ?お父さん道間違ってるよ。保育園はこっちじゃないよ」

私「今日は桜を見てから行くので、いつもとは違う道で行きますよー」

娘「あ、そうだったそうだった」

こんなやり取りがありました。

娘。何か勘違いを指摘されるとこの「あ、そうだったそうだった」をよく使います。父か母の口癖なのだろうか…

 ともあれ桜を見に、朝ということもあり人もまばら、写真を撮っている方と犬の散歩をしている方くらいで、のびのびお花見が出来ました。

私「きれいだねー」

娘「うん、桜がいーっぱいだねー!」

きれいだねー

 お花見も楽しいけど、川沿いを歩くのが楽しい娘。もっとあっちに行こう!と下流へずんずん歩こうとするのをストップ。残念だけど、保育園に行く時間です。

 「きれいだったねー」そう言いながら、保育園に向かうことに。

 昨日は今年度最後の登園日。本日は年次切り替えのために、子ども達はお休みです。なので、昨日で今のクラスはお終い。進級する子、退園する子、様々です。担任の先生も次に登園するころには変わります。

 最後の登園日「今日は何するの?」と娘に聞いてみたところ。

娘「今日は、みんないい子にしてたから、小田急線を見に行くんだよー!たのしみー!」

ニコニコと保育園に行きました。

帰ってきて興奮気味の娘

娘「今日は小田急線見てきたよー!赤いカッコイイ小田急線見たんだよ!!」

私「いいなぁ、お父さんの大好きな小田急線だ!」

多分、ロマンスカーの事だと思います。私は子どものころから小田急線の特急列車ロマンスカーが好きです(詳しくはないですが)。子どものころに走っていて私が憧れたロマンスカーは、10年ほど前に、長野で元気に走っておりました。
しかし、残念ながら、私はロマンスカーにまだ一度も乗ったことがありません。そんなことを伝えると

娘「今日は、お父さんの大好きな赤い小田急線を見てきたんだよ!!」

と、寝るまで自慢げに語っておりました。

いいもん。お父さんは自分で見に行けるもん。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。
 4月の法話会は、対策を徹底の上、皆様に参拝していただける形式で10日(土)14時から行います。また、配信も致します。オンラインは、下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺