川崎多摩布教所 慶念寺  

浄土真宗 本願寺派 川崎市 多摩区 中野島にある小さなお寺                                         ℡044-819-5482

ブログ 法語

四月の法語「まさか」の日々を生きている

投稿日:2020年4月2日 更新日:

 本年度から、掲示板に今月の法語を掲載することにいたしました。毎月考えるのは、今からなかなか気が重いですがお聖教の言葉にとどまらず、私の感じたこと、思ったことやを掲載いたしますので、お近くにお寄りの際は、ぜひ見てみてください。

 また、それに伴い、簡単なお話をこちらのホームページに掲載してまいります。ぜひ、毎月ご覧いただければと存じます。

 今月の法語は

「まさか」の日々を生きている

です。

 「人生には三つの坂があります」なんていう話は、結婚式のスピーチの定番です。(気になる方は検索してみてください)
 私たちは、普段の生活の中でどれだけ「まさか」を意識して生活をしているでしょうか。
 私も先日、大きな「まさか」がありました。本屋でレジを待っているときのことです。首筋に激痛が走り、とっさにふり返ってもだれもいません。奇妙に思い方に目をやると、大きな蜂が止まっていたのです。その時は大事には至りませんでしたが、今思い返しても恐ろしいです。まさか、本屋でレジ待ちをしているときに蜂に刺されるとは思わないでしょう。

 少し特殊な状況で説明いたしましたが、私におこった「ドラマチック」なまさかの出来事です。
 しかし、よくよく考えてみると、人生はまさかの連続どころか「まさか」しか起こりえないのです。私たちは予定調和の中で生活しているのではありません。それぞれが、それぞれの縁の中で日々を過ごしているのです。上り坂に思えても、下り坂に思えても、本当は「まさか」でしかないのが私たちの日々なのです。複雑なご縁が重なり合い今の私がある。「子どものころは、まさかこんな風に生活をしているなんて思ってもみなかった」と少なからず感じることがあるのではないでしょうか。

 現在、私達の生活は大きな転換点に立たされているように思います。「まさか」の中で生きていると感じながら過ごすだけで、私達のふるまいというものは大きく変わるのではないでしょうか。

「まさか」まだ、私が病気になるはずがない。
「まさか」まだ、私が死ぬはずがない。

そういった思いから、私にはどのような「まさか」が起こってもおかしくはない。そう改めることで、日々の生活をより丁寧に過ごしていくことができるのではないでしょうか。

-ブログ, 法語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日は法話会

この画像をタップするとYouTubeに移動します。  明日は、10月の法話会です。早く、オンラインだけではなくお参りいただける形で法話会の開催をしたいのですが、まだまだ難しいようです。  オンラインで …

法要のライブ中継

ライブ配信に向けた準備 9月19日(土)14時から秋季彼岸会のライブ配信をします  新型コロナウイルスの影響が続く中、密を避けるため9月の法話会はYouTubeでのライブ配信を予定しております。昨日は …

本日は法話会でした

 本日は、午前中に法事があり午後に法話会があったためブログの更新が遅くなってしまいました。  本日は2回目のオンライン法話会。成功したのかどうかわかりませんが、前回よりも多くの方にお参りいただけたよう …

月をさす指

 またまた、娘と月の話。一か月ほど前の出来事になりますが、中秋の名月について書いていて思い出しました。  記事のタイトルと同様の題名のマンガがビッグコミックに掲載されていたこともあります。(こちらは築 …

衣替え

 昨日は私の実家である長念寺で定例法座てした。毎月15日午後6時から正信偈(行譜)のお勤め。その後休憩の後午後7時30分ごろまで法話がります。  本堂が広いため密を避けることも出来ますし、各所に消毒も …

最近の投稿

最近の投稿

行事予定

10月の法語について更新しました。

法話会のお知らせ
法話会

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無参拝・オンライン形式での法要・法話会を実施いたします。

10月は10日(土)14時より定例法話会を行う予定です。詳しくはコチラをご覧ください。

尚、少人数(1家族)での法事や、自宅・墓前での法事、御葬儀などは引き続き執り行っております。
詳しくはお電話にてお尋ねください。

 

最近の投稿

築地本願寺お坊さんのお話WEB配信

築地本願寺お坊さんのお話WEB配信

アーカイブ