むしばい菌

 最近、娘の夜の歯磨き担当になっております。住職です。今日はちょっと遅めの更新でございます。と、申しますのも午前中遠方に法事に行き、帰ってきて娘のお昼寝をさせている時に、一緒になって寝てしまっておりました。

 私、あまり寝つきが良い方ではないのです。しかし、どうして子どもの寝かしつけになると一緒になって寝てしまうのでしょうか。

 さて、タイトルの件ですが、娘の歯磨きをするときによく言うのが

「早く歯磨きしないとむしばい菌きてるよー」

です。娘もノリノリで磨いてくれるときは

「むしばい菌いる?」

と言って歯磨きをさせてくれます。苦労して歯磨きをした時も、うがいの段になると

「むしばい菌ながれてるねー」

などと言っています。私は口の中はむしばい菌。体や手はばい菌と言っていると思って接していたのですが、先日お風呂に入っている時に娘はそう思っていないことに気づきました。

 最近、体を自分で洗えるようになった娘。私はほとんど手を出しません。そんなある日のこと体を洗っている娘が

「お父さん。むしばい菌が泡になってながれているよー」

何だろう。この、口の中にいるであろう菌が体中についていると想像したときのゾワッとする感じ。体のははむしばい菌じゃないんだよと言っても、なかなか理解してもらえません。

でも、「こんなことを言ってくれるのも今だけだよなー」なんて思いながら、娘の面白発言に注目していこうと改めて思う今日この頃です。

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺