アクティブが行き過ぎて、なにか期待をしたくなる時がある。

 今日は、朝からリモートでの聲明(お経の勤め方)の研修です。まる一日研修。家でできるリモートもいいですが、出来れば生でやって講評してほしかった。そんなことを思いますが、今の状況で、あまり贅沢は言えませんね。

 さて、写真は昨日のブログでも少し書いた息子のお話。娘が体調不良ということもあり、土曜日はほぼ一日私の実家で過ごした息子。今年に入って新型コロナウイルスの感染者が増えていることもあり、大人の私や妻はあまり長居をしないようにしているのですが、どうしてもという時に息子や娘を預かってもらうことがあります。

 子どもは一週間会わないだけでもずいぶん変わって見えるようです。それは子どもの側もしかり。今までのびのび遊んでいたおじいちゃんおばあちゃんのいえなのに、若干緊張気味。

 しかし、少ししたら元気にのびのびワルをしていたようです。実はこの写真。興奮してお昼寝もそこそこに遊び続けた息子を連れて帰るときに撮った写真です。

息子「おれ、まだまだ遊び足りないっすよ!」

と言わんばかりに歩き回り、気になるところに手当たり次第に突撃していく息子。これは、実家の境内ですのでまだ安心してみていられますが、お散歩中はそんなことも言っていられません。

 ここまでは一昨日の話

 ここから昨日の話

 そんな息子。昨日は午前中に体調の良くなった娘も含め家族みんなでお散歩へ。疲れたのか、お昼寝でいつもより長く寝ていました。

しかし、寝すぎ。3時間近く寝てしまったので、夕方にまた父と一緒にお散歩へ。娘は病み上がりなのでお留守番。

 実は、先日の「寺務でも事務でもなくジム」でお話しましたが、この男、力が強いのです。ですので、私の中で試してみたいことがありました。それが

「1歳2か月の息子が鉄棒にぶら下がることが出来るのか」

です。なんかできそうな気がする。そう思い、近くの公園へ

レッツトライ

結果

ぶら下がる

出来た。

いや、出来るかなとは思ってたけども。

ちょこっとぶら下がればと思っていました。多分10秒くらいぶら下がってました。危ない。期待しそうで危ない。イヤだぁ夢見ちゃう。

 のびのび育ってくれればいいんですけどね。親の欲目が血走ってしまいます。充血です。

でもまぁ、だからと言ってどうこうというわけではないのですが、そう遠くないうちにこの子のパワーに振り回される日が来るのは間違いなさそうです。

2月13日(土) 14時より
オンラインにて涅槃会法話会を行います。下の画像をタッチしてお参りください。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺