あきる野に行ったり、町田に行ったり、クッキー食べたり、忘れたりした日曜日のアレコレ

何をしている写真でしょうか?

 今日は、昨日のお話ではなく日曜日のお話。日曜日色々と盛りだくさんな一日でした。私も大変だったけど、たぶん一番大変だったのは妻。

 日曜日私は午前は、自宅でのご法事へあきる野市へと向かうために、8時半には家を出ました。少し早めに到着をして、家族の皆様とお話。仏事から家族のことまで、様々なことをお話することが出来ました。

 そして法事終了後、町田の圓成寺えんじょうじ様にて法話会のお取次ぎをするために一路町田へ。時間に少し余裕を持たせていたので、下道で向かいました。道が混んでいて若干焦りましたが、予定時間に到着。

(お取次ぎって何?って方は→コチラ

 

 ご住職にお話を伺うと、この1年間一度も休むことなくご法座を行っているそうです。1年前、中止しようかと悩んでいたところ、ご門徒さんから

「今月はやらないんですか?」

とのお尋ねがあったそう。そこで

「1人でもお参りの方がいらっしゃるならやろう」

そう決断して、しっかりと距離を取り対策をして法座を開催し続けることにしたのだそうです。実際に1人か2人という月もあったようです。それでも続けていく。本当にすごいことだと思います。

 日曜日も多くの方がお参りにいらっしゃいました。皆様とご一緒にお正信偈しょうしんげ偈前げぜんもんを味わわせていただきました。本当に有難いご法座でした。お近くの方は是非、お参りくださいませ。

 一方そのころ我が家では。

ビニール袋を使ってクッキーづくりごっこ

 お昼寝中に咳き込んだ息子が少しもどしてしまったり、体力を持て余した娘とクッキーづくりをしたり、進級へ向けて娘と一緒に保育園の準備をしたりと妻は妻で大変だったようです。

 おかげさまで、父が仕事を終えて帰ると焼きたてのクッキーと子ども達の笑顔が待っていました。息子も至って元気。鼻水が気管に入って咳き込んだ拍子にもどしてしまっただけだったようです。よかった。

「クッキーづくりしよっ!」

 そんな声が聞こえて子ども達の方を見ると、クッキーづくりがよっぽど楽しかったのか、娘が弟を誘ってクッキーづくりごっこをしていました。

 妻は私が帰ったら、少しはのんびりできると思っていたそうですが、私のうっかりでまた1つてんやわんやがありました。

そんな日曜日のアレコレ。

 寝る前に「娘の上履きが干してあるからカバンに入れといて」

と頼まれた私。気持ちの上では「任せとけ!」と思います。しかし、すぐにやらずに忘れるのが私。

 昨日保育園に行くと「あっ!上履きがない!!」となってしまいました。

私「ごめん。お父さん上履き入れ忘れちゃった。すぐに持ってくるね」

娘「あ、○○(娘の名前)がお母さんと準備をしているときに入れ忘れちゃったのが悪かったね。ごめんね。」

謝らせてしまいました。どこでそんな言い回しを覚えたんだ。3歳児。

私「違うんだよ。お父さんがお母さんに頼まれたのに忘れちゃったんだ。ごめんね」

朝から娘と2人で謝り合いました。

3月13日(土) 14時より
オンラインにて春季彼岸会を行います。下の画像をタッチしてお参りください。

上の画像からYouTubeにとべます

 

-日日慶念寺(ブログ), 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺