登園花めぐり

白いチョコレートみたいなお花

 昨日は、保育園に行くのを嫌がる娘を

「保育園に行く途中で、お花を見ていこう」

と誘い出し、「登園花めぐり」と題うち、お花を見ながら保育園に向かいました。

 一番上のお花は、最近娘のお気に入りのお花。娘はこれを見て

「白いチョコレートみたいなお花だよー!」

と言っております。

 登戸・中野島界隈は古いおうちも多いので、庭にお花の気が植えてあるお宅が多くあります。これもその一つ。なるべくおうちが映らないように写真に収めました。

しかし、お花を見ていこうと言ったものの、問題がひとつ。

私、お花の名前全然わかんない

 娘には日ごろから

「お父さんはお父さんの知っていることなら何でも知っているよ」

と言っているので、「お父さんは知らない」とはっきり言えるのですが、全然わからないのではちょっと格好がつきません。上の花の名前もわかりません。後で調べてみたところ「ハクモクレン」かな?とは思うのですが、自信はありません。知り合いの家なので、今度このお宅で聞いてみようかしら。

 そして、花めぐりです。ここで終わってはちょっと残念。ということで、ふきのとうの花を見に行くことにしました。

「勝手に入っていいよ」

と言ってくださる農家の方の畑へ。いらっしゃらなかったのでお言葉に甘えてお邪魔しました。こちらの畑、ふきのとうはみんな白い花。娘は黄色のふきのとうが見たいそうです。

これは以前撮った写真

 ふきのとうを題材にした絵本があり、娘にもよく読んでいます。ここにあるのは白いふきのとうの花。娘はこれを見て

「黄色いふきのとうから、ちょうちょがペタペタってするんだよ」

と話していました。受粉の事ですね。白いふきのとうはめすふき、黄色いふきのとうがおすふきなのだそうな。

「よし、保育園に行こうか!」

というと、まだ満足のいっていないご様子。とはいえ、あまり遅くなってもいけません。畑を後にしようとすると、畑の脇に植えてある花を見つけた娘。

娘「これ、可愛いよ。このお花なーに?」

私「なんだろうね。きれいだね(逃げの一手)」

水仙でしょうか?

 私、恥ずかしながら、今まであまりお花には興味がありませんでした。しかし、娘が生まれて、話すようになってお花が咲いているところや、名前などを気にするようになりました。何かをきっかけに今まで目が向いていなかったところに目が向くのはなかなか楽しいですね。

最後にコチラ。保育園に到着し、自転車を止めたところに咲いていたお花。これもよく見るけど、名前を知らないお花。かわいい花ですよね。

ツバキの仲間でしょうか?

いつもは、お花を見ても

「咲いているな」

程度にしか感じていなかったのですが「花めぐり」というテーマで登園をすると結構お花に目が向くものです。娘と一緒に

「このお花もかわいいね。何て名前なんだろうね」

そんな話をしながら登園。いつもの登園がとても楽しい時間になりました

娘3歳。私も父親3歳。一緒に成長していこう。そんなことを思った登園花めぐりでした。 

明日、3月13日(土) 14時より
オンラインにて春季彼岸会を行います。下の画像をタッチしてお参りください。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺