姉としての自覚と、そこでも顔出すおこだわり

仲良く電車ごっこ

 先週末の土日、私は何件かお参りがあり、妻が子ども達を見ておりました。

 日曜日が荒れ模様の予報だったこともあり、土曜日にお外で遊ぶことにしたそうです。我が家は、あまりおもちゃを買ってあげられていないのですが、数少ないおもちゃを使って子ども達は工夫をして遊んでおります。

 上の写真は娘と息子でフラフープを使って電車ごっこをしているところ。

最近お姉ちゃんの自覚がメキメキと現れてきた娘。まだ、甘えん坊なところもありますが、弟を導いてあげようという思いが強くなってきました。

 息子も、なんだかんだでお姉ちゃんを頼って後ろをポテポテとついて回っています。近所にお姉ちゃんの同級生がいることもあり「お姉ちゃんと一緒にいると楽しいことがある」と感覚でわかっているようです。

 そんな娘。私達は名前で呼んでいるのですが、最近は気を付けないと娘に怒られてしまうようになりました。

どういうことかと申しますと、

「弟の前で娘の話をするときは、名前じゃなくて「お姉ちゃん」と言わなければならない」

ということです。

例えば、歯磨きをしている時。

私「息子くん、娘ちゃんみたいに大きなお口でアーってしてみて」

娘「…でしょ。」

私「(娘がなんか言ってるなぁ)…ほら、娘ちゃん大きなお口上手だよ。息子くんもシャカシャカっていい音出せるかな?」

娘「お姉ちゃんでしょ!娘ちゃんじゃなくて、お・ね・え・ちゃ・ん!」

私「あ、はい。すいません…」

と、いうわけで、娘の呼び方は状況に応じて変えなければならなくなってしまいました。

最近は何とか慣れてきましたが、まだまだ娘に訂正されてしまいます。でも、お散歩中や遊んでいる時など、親が言わなくても弟の手を引いてくれる優しいお姉ちゃんです。

 下の写真は、全然関係ない桜の写真。昨日仕事で外に出た帰りに、近所の新川(二ヵ領用水)に立ち寄って撮った桜です。

 満開できれいだったので、今朝は保育園に行く前に娘に「ササっと準備して、保育園に桜見に行こう!」と言って桜を見て来ました。そのお話はまた明日書こうと思います。

新川の桜。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。
 4月の法話会は、対策を徹底の上、皆様に参拝していただける形式で10日(土)14時から行います。また、配信も致します。オンラインは、下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺