これなんて書いてあるの?

 今日も娘のお話。

 昨日、保育園から帰ってきた娘。何やらアンパンマンのボードに一生懸命何かを書いています。ちなみに、アンパンマンのボードというのは、私が子どもの頃にはあった、お絵かきの定番のおもちゃ。中に砂鉄が入っていて、磁石のついたペンで書くと砂鉄が書いたとおりに固まるあれです。

 一生懸命書いているけど、いつもと様子が違う。

 いつもは絵を描いているのです。ですから何となくお花とか、顔とかがわかるのですが、今回はちょっと違う。実際に見ていただいた方が早いと思いますので、写真を載せます。

なにやらまばらに何かを書いています

 いかがでしょうか。顔の外れたアンパンマンの姿も若干シュールですが、それはさておき、一生懸命何かを書いております。さあ、書き進めていきましょう。

線がだいぶ増えてまいりました

上手にペンをもってどんどん書き進めています。だいぶ線が増えてきましたね。もしかしたら、このあたりで何を書いているかピンときた方もいらっしゃるかもしれません。かもしれませんが、ここでわかったら相当すごいです。私は全然わかりませんでした。では、ほぼ完成品を見てみましょう。

最後の仕上げ

 さあ、皆さんお分かりいただけたでしょうか。ちなみに、私はさっぱりわかりませんでした。

完成したボードを手に持って私に見せる娘。何を書いたか教えてくれるかと思いきや、衝撃的な一言が。

娘「お父さん。これなんて書いてあるの?」(このセリフが本日のタイトル)

私「ふぇっ??」

その時私の頭に浮かんだ一言がコチラ

(知らんがな!)

では、何を書いていたか答えを発表いたします。

娘は「文字」を書いていたそうです。

なるほど。だからこんなに線がいっぱいあるのか。娘の目には、まだ文字がこのように見えているのですね。

 ご本には興味がある娘ですが、最近まで文字には興味を示していなかった。その娘が文字に興味を持ってくれたようです。嬉しい。

早速お風呂に貼るひらがなのポスターを買ってきたいと思います。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。
 4月の法話会は、下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺