父はお仕事、子ども達は・・・?

 昨日は、午前中にお寺で法事をした後に、早野聖地公園での納骨。そして、横浜市都筑区牛久保にある霊園でご法事がありました。立て続けなので子ども達は完全に妻にまかせて私はお参り。

 昨日は暑くもなく寒くもなく、風もそんなになかったので絶好のお墓参り日和でした。早野聖地公園にもたくさんの方がお参りにいらしていました。

 お参りが終わって帰りに向かう道中、最近使い始めた音楽を聴けるアプリを使って中学校から大学くらいの音楽を一番よく聞いていたころの曲を聞きながら運転をしておりました。

 音楽ってすごいですね。なんだか車の中で聞きながら口ずさんでいると当時の感覚というか記憶みたいなものが続々とよみがえってまいります。

 小中学生の頃に、姉の影響でよく聴いていたGLAY(グレイ)の曲を聞いていると、子どものころに読んだマガジンの「GLAY物語」的な読み切りマンガを読んだことを思い出し、

「あぁ、この曲はこんな背景で書かれたんだっけ」

なんてことを考えながら運転をしておりました。他にも様々、なんだか懐かしいような子供の頃の失敗を思い出して今さら恥ずかしくなるような、

「そうか、あの頃の自分と今の自分は地続きなんだな」

そんなことを思いました。いつの間にか全然違う自分になっているような気がしてましたが、あんまり変わってないのかもしれないですね。

 そんな一人の時間を満喫していた私。家に帰って玄関を開けると子ども達の声。

「あれ、この時間はお昼寝の時間のはず」

と思い声のする方に向かってみると。お風呂場に子ども達の姿。砂場で遊んだため妻が子ども達を洗っていたようです。

 体力を持て余した怪獣たち。何か新鮮な視点を与えないと抑えきれない。ということで昨日は公園に行き、コンビニでご飯を買い、外で食事をすることにしたそうです。外と言っても玄関先。

後で写真を見せてくれました。

僕のおにぎりは誰にも渡さない

お外でご飯って楽しいですよね。息子をお昼寝させて私もお昼ごはん。娘が隣でどれだけお外でのご飯が嬉しかったか教えてくれました。

私「お父さんの分は?」

娘「えぇーそれは・・・ないよー。お父さんがいなかったのが悪かったんでしょー」

ここまで来るならくれてやろう

いいもん。寂しくないもん。

と思っていたら、私の食事中、娘がずっと隣でお話してくれました。一人でご飯かと思ったら楽しいお昼ごはんになりました。

 妻はというと

外で食べたシートの後片付け。砂だらけになった子ども達の服の洗濯。お風呂掃除と奔走しておりました。頭が下がります。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。
 4月の法話会は、下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺