お参りに行ってから、地域の仏教会の会義へ

 昨日は、他のお寺さんのお手伝いで、横浜の井土ヶ谷へお参りに。行きは高速道路に乗って向かいました。大体50分くらいの道のり、ドライブのお供はラジコのタイムフリー機能を使って、好きなラジオ番組を聞いて向かいました。今回の内容はざっくりいうと「ボスのお誕生日特別企画」さて、この説明で番組がわかる方はいらっしゃるでしょうか。

 お参りも終わり、帰りに向かおうと時計を見ると正午過ぎ。午後3時より実家で地域の仏教界の会議があったため。

「一度家に帰るべきか、それともそのまま実家に向かうべきか」

と悩みました。

結局、「下道を使って実家に向かう」ことに。

順調に進んではいるものの、カーナビの到着予想を見ると結構な時間がかかるようです。しかし、時間にも余裕は持っているため、特に気にせずそのまま運転。

 後悔しました。

 結局2時間弱かかってしまいました。会議には余裕を持って到着できたものの、運転でクタクタ。若干の眠気と闘いながらの会議出席となってしまいました。

会議の議題

 私の所属する稲田仏教会も、新型コロナウイルスの影響で思うように活動が出来ておりません。今後どうするのか。どういった方針があるのか。という会議内容でした。

 ちなみに、慶念寺が仏教会に参加したのは一昨年度から。去年一年間はまともに活動が出来なかったため、まだまだ入って間もない状況です。皆さんのお話に耳をそばだてて、一生懸命聞いていました。

 お他宗の方のお話を伺ったり、所作を見るのは非常に勉強になります。また、地域の仏教界のお話を聞くと、地域のお寺がどのように歩んできたのかの一端を知ることが出来ます。会議の内容だけでなく、雑談までもが大変に興味深い勉強の場となりました。

 そして、そのころ子ども達は。

実は、私が日中不在にしているということもあり、妻は子ども達を連れて一足お先に実家に遊びに来ていました。娘はお昼寝をするのも忘れて従兄と一生懸命遊んでおりました。息子も、家には無いおもちゃに大興奮。最近電車が好きになった息子は従兄のプラレールに夢中になっておりました。

 夢中で遊んで大変なのが帰ってから。娘はお昼寝をしなかったのでグズグズ。息子はというと、こちらはお昼寝もばっちり。体力全快。胸に残るは楽しかった今日の日の思い出。つまり、大興奮。

 寝る直前まで布団の中で「でしゃ!でっしゃ!」と大騒ぎをしていたようです。娘は、私の膝の上で食事をし、甘えに甘えて、お布団に入ると10秒と持たずに寝てしまいましたとさ。

 私だけが頑張ってるんじゃなくて、妻も子ども達も頑張ってくれてるんだな。そんなことを思った土曜日なのでした。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。
 4月の法話会は、下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ), 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺