浄土真宗 本願寺派 川崎市 多摩区 中野島にある小さなお寺                                         ℡044-819-5482

ブログ 法語

言語道断~昨日のつづき~

投稿日:2020年10月2日 更新日:

 「人の物を盗むとは言語道断だ」

 私たちの普段の生活の中で「言語道断」という言葉、どのように用いているでしょうか。上記のように否定的に使うことがほとんどなのではないでしょうか。でもこの言葉、元は仏教の真理、悟りの境涯をあらわす言葉なんです。

 私の持つ『大辞泉』第二版には、1番目の項目に

1仏語。奥深い心理は言葉では表現できないこと。

『大辞泉』第二版

 とあります。仏教のさとりは、言葉や心のはたらきをこえ、言語の道が断たれた世界です。

 なぜ、言語を断つことが悟りにつながるのか。「お釈迦様は言葉によって悟りを伝えたではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。そこにお釈迦様のすごさがあるのです。

 「人は言葉によって隔たりを作る」

今月の法語です。私たちは言葉によって物事をくくり、価値判断を作り、線引きをしています。言葉を用いるということは、私たちの価値を物差しに物事を見ることに他なりません。お釈迦様はその言葉を用いて悟りを伝えてくださった。だからこそ、仏教の経典は膨大な数になったのです。様々な価値判断をもつものそれぞれに合わせて、言葉や態度を用いて教えを説いていかれたのです。

 私も、お話をするうえで一つ絶対に使わないように気を付けようと思っている言葉があります。それは、

「皆様よくご存じの」

です。これは、メディアなどでも耳にする言葉ですが、これは居場所を奪う言葉です。ご存じない方がいたらこの一言で疎外感を与えてしまいます。この一言であちら側とこちら側を分けてしまうんです。

 私たちは言葉から離れて生活することはできません。文字や声だけではなく様々な言葉を用いてコミュニケーションをとっています。だからこそ、言葉の本質と向き合っていくことが大切なのだと思います。

-ブログ, 法語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱり、好きなものは何度だってすすめたくなる

先日、地域特産物マイスターの高橋孝次さんのお宅へ、母と一緒に伺いました。とは言っても、高橋孝次さんは、昨年12月にご往生なさっているため、対応してくれたのは奥様でした。高橋孝次さんは、長年のらぼう菜の栽培に携わっており、今この周辺でのらぼう菜が良く食されているのにも大きく貢献して下さっております。その高橋マイスターの…

オンラインでの儀礼の研修

研修を受ける私  昨日は朝から一日、オンラインでの儀礼の研修会でした。儀礼を執行するプロフェッショナルとしての意識の高揚や実際の聲明の唱え方、儀礼の所作や鏧(法要などの時に鳴らすおりん)の打ち方など、 …

歎異抄公開講座第5回の動画を公開します

 先日、慶念寺では第5回目の公開講座を行いました。ご参加くださった方、都合が合わなかった方。この新型コロナウイルスの感染拡大状況の中参加を見送った方。忘れていた方。そもそも興味がなかった方。 それぞれ …

主観で語る以上注意したいこと

 毎日ブログを更新し始めて、毎日「何を書こうかなー」と考えております。そんな中で、昨日のブログを含めて、思ったことは 「主観で語っているから、妻がなんだか冷たい人みたいに見える」 ということでした。 …

秋の味覚

 今年はサンマが獲れないらしく、高いですね。サンマ漁をされている漁師の方がサンマが獲れずに大変な思いをしているというニュースも見ていたので、「今年はサンマは食べられないかな」と思って居りました。 しか …

法語

4月の法語について更新しました。

 

慶念寺 定例法話会

上の画像からYouTubeにとべます

最近の投稿

最近の投稿

行事予定

法話会のお知らせ
法話会

5月より、感染対策を徹底の上、法話会の参拝を再開いたします。皆様、どうぞ万全な対策の上お参りください。尚、オンラインでの配信も引き続き行います。

4月は15日(土)14時より宗祖降誕会を行います。

尚、少人数(1家族)での法事や、自宅・墓前での法事、御葬儀などは引き続き執り行っております。
詳しくはお電話にてお尋ねください。

 

築地本願寺お坊さんのお話WEB配信

築地本願寺お坊さんのお話WEB配信

アーカイブ