なんだかいろいろあった日

 昨日は、朝から娘を保育園に送り、駅周辺で用事があったため、妻と一緒に息子を病院に連れていきました。息子の病院は妻にまかせ、私は今度使う新幹線の切符を買いに駅へ、通帳の繰越をするため銀行へ等々用事を済ませました。

 そして、午後は一橋大学博士課程の学生さんが、都市開教などについてのヒアリングにいらっしゃました。

 色々お話する中、人が来るとテンションが上がる息子。早速おもてなしに現れました。体調も落ち着いていたので、少しの間一緒にいたのですが、ごあいさつの後は縦横無尽の大活躍。上の写真はあくまでも一部です(お花がないのは水揚げの途中だから)。

 学生さんが帰った後、娘の迎えに保育園へ。帰りにおじいちゃんおばあちゃん(私の父母)のおうちによりました。しかし、滞在はほんの少しの予定。なのに娘は何かに夢中でなかなか帰ろうとしません。何をしているのかと覗いてみると、おばあちゃんの仕事机からペンを取り出し、お絵かきをしていました。

 いくら口が達者とはいえ、まだ3歳の娘。描いてある絵はさっぱりなんだかわかりません。その絵がコチラ↓

 

さて、これはなんでしょう?

 上の絵、なんだかわかるでしょうか?私にはさっぱりわかりませんでした。ともあれ、なんとか手を変え品を変え、おばあちゃんと協力しながら、なんとかこの絵を持って帰ることで手を打ちました。

 家に帰って嬉々としてこの絵をお母さんに見せる娘。母は偉大です。早速こういいました

「上手だね何描いたの?」

その手があったか。聞けばよかったんだ。固唾をのんで何を描いたのか待っていると、娘が元気にこたえました






「足跡がついたアンパンマン!」

顔が汚れて力が出ないよ…


慶念寺公開講座「歎異抄から学ぶ」を12月より再開いたします。感染防止対策をしっかりと行います。詳細は後日ブログ等でお知らせいたします。

慶念寺の報恩講法要の様子を改めて視聴することが出来ます。よろしければコチラよりお参りください。

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺