我が家(寺)の紋

今日は、我が家(寺)の紋について書きたいと思います。話すより、見せた方が早いのでまずはこちらをどうぞ。

我が家の紋

 こちらの紋は、地元の方なら何となく「見たことあるかな?」という方もいらっしゃるかもしれません。これは、おそらく全国でも登戸周辺くらいにしかない家紋です。私は他では見たことがありません。

以前のブログ、「長念寺の彫刻」の中にも、写っております。

山門に刻まれた紋。「もん」なだけに!

父に、

「我が家も、この紋を使いたいんだけど、いいかな?」

と聞いたところ

快く承諾してくれたので、慶念寺の紋もこちらにしております。といっても最近になってようやくデータ化をすることが出来ました。長念寺のご門徒さんに頂いたデータを私なりにきれいに直したのが一番上の画像です。

 皆さん。この紋、何に見えますか?紋について知識のある方は

「下り藤の一種」

ということはお分かりいただけるかもしれません。しかし、下り藤の中でもかなり独特な表現をされているのがこの紋です。私は多摩区以外では見たことがありません。

 数年前、実家の大規模な改修工事があった時に、父に

「この紋って独特だけどいったいなんて言う紋なの?」

と聞いてみたところ

「このあたりに伝わる、小林の紋だよ」

とのことでした。下り藤の中に「小林」という漢字が入れ込まれているようです。一応、私なりに判断したのがこのような感じです

小林が紋の中に入っています

 といっても「小」に関しては、上の3枚の葉っぱかもしれません。父に聞いてみたところ、そこははっきりとはしないようでした。

 ちなみに、私は20代半ばまで、この紋は顔だと思っておりました。上の三昧の葉っぱが目、「小」と示している部分が鼻(すごく鼻っぽい形です)そして、「林」の部分が歯をむき出しにしている口に見えていたのです。

 どうですか?見えてきませんか?・・・見えてきませんか。そうですか。

 とは言え、中々面白いし眺めているとだんだん可愛く見えてくる紋です。私のところでも、この紋を色々なところで使っていきたいな。そう思っております。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。今月の法話会は下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺