そらまめくんのベッド

今日も娘のお話。昨日は娘のいい間違いの話をいたしましたが、1つ最近よく言っているものを出し忘れておりました。それがコチラ。

ツツジです。先日のブログ「つつじの季節になると思い出す懐かしい思い出と、」で、娘とツツジのお花を見たことを少し書きましたが、町でよく見かけるこのツツジの花。色もピンクが多いということもあり、娘の今のお気に入りの花になっているようです。ツツジが咲いているのを見るといつも元気に

お父さん!ひちゅじが咲いているよ!
そうだね。つつじだね
ちゅちゅじ?

そう。言葉は達者なのですが、まだ「つ」の発音が苦手な娘。どうしても「ちゅ」になってしまうようです。ちなみに、最近は「ひちゅじ」と言われても、そうだね「ひつじが咲いてるね」と訂正することをやめました。

さて、今日のブログのタイトルですが、娘のお気に入りの絵本「そらまめくんのベッド」から拝借いたしました。雲のようにふわふわで綿のようにやわらかいそらまめくんのベッド。そらまめくんは、自分のベッドがお気に入り。お友達に言われても、中々かしてあげません。そんなある日…というようなお話です。

しかし、そらまめくんのベッドがなぜふかふかに描かれているのかということが、娘はまだよくわかりません「なんでそらまめくんのベッドはフワフワなんだろうね」と言っていました。そんなある日、実家のご門徒さんがそら豆を沢山くださったということで、保育園帰りに沢山のそら豆をお裾分けしてもらってきました。

ちなみに、私も娘もそら豆が大好き。お気に入りの食べ方は、サヤのままグリルで焼いて、何もつけずに食べることです。やったことがない方は是非お試しあれ。

ともあれ、時々買いはするのですが、いつもうっかりして娘にそら豆をしっかり見せてあげられていませんでした。

と、いうわけで今回は「そらまめくんのベッド」を実際に見てみよう!という話になりました。

 

 

実は、生のそら豆を見るのは初めての娘。いつもは焼きあがったのを見ています。さぁ、むいていきましょう。

中が、フワフワしています。これ、グリルで焼いた後だと、無くなっちゃうんです。初めてのフワフワに娘も興奮。実は、私も妻もまじまじとそら豆のサヤを見るのは初めて。みんなでフワフワを触って「低反発だね」なんてことを言っていました。ちなみに息子は興味なし。テレビに夢中。

「そらまめくんは」こうやって寝てるんだね。そんなことを言いながら、そらまめくんのベッドの観察は終了。

ちなみに、観察したそら豆は夕食にグリルで焼いて美味しくいただきました。娘も頑張って自分でむいて食べていました。最近は、私がむいてあげようとすると怒るのです。

 

 

他のブログも見る

 

お知らせ

現在、HPの大規模な改修を行っております。それにあたり、表記の乱れやアクセスの不具合が発生する恐れがあります。皆様におかれましては、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

5月の法話会

5月の法話会は、対策を徹底の上、皆様に参拝していただける形式で15日(土)14時から宗祖降誕会を行います。また、配信も致します。オンラインは、下の画像からお参りいただけます。

上の画像よりYouTubeにとべます

オンライン法話会

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

 

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺