紫陽花の花とバラの花

今日は5月21日。親鸞聖人のお誕生日です。そのご縁に営まれるのが宗祖降誕会という法要です。慶念寺では15日にお勤めいたしました。築地本願寺やご本山では本日10時より、降誕会法要が勤修されます。どちらもYouTubeで配信していますので、ぜひお参りなさってください。

さて、昨日のブログでも少し書きましたが、慶念寺の花壇には紫陽花が植えてあります。この紫陽花は、慶念寺を開所した時に植えたものです。毎年「今年はきれいに咲いてくれるといいな」そう思うのですが、なかなかどうして、日にやけてしまったり、あまり花がつかなかったり。そういった年が続いておりました。

妻も、

今年はきれいに咲かせてあげたい
坊守

そう息巻いております。息子も歩くようになり、一緒に花壇のお手入れも出来るようになってきました(息子は横で遊んでいるだけですが…)そして、妻の育休もいよいよ最後の年。なので、今年は例年よりしっかりと紫陽花の様子を見ていこうと思います。

写真は先日撮った紫陽花の写真。私たちにとっては、若干憂鬱になってしまう雨模様ですが、紫陽花にとっては嬉しい雨。葉っぱもみずみずしく、生き生きとしてまいりました。2種類の紫陽花が花壇に植えてあるのですが、今年はどちらの花も順調につぼみをつけています。今年は、きれいに咲き誇ってもらえるように頑張ります。

娘もお花が好きなので

お花にお水あげる!!

と頑張ってくれますし、息子も

どぅでぃどぅでぃどぅでぃどぅでぃ
息子

と言いながらジョウロを振り回しております。頼もしいお手伝いがいるので、今年こそはきれいに咲ききってくれるといいな。

そして、今日のタイトルのもう一つのお花

バラです。引きで撮るともっとたくさんあるのですが、丁度良い花瓶がなく、一部が花の重さで下を向いてしまったので接写です。

このバラは、ご近所さんが玄関先で育てているもので、今が盛りときれいに咲いています。娘もそのお宅の前を通るたびに

きれいだねー

と言っていたのですが、先日の事夕方外で遊んでいた子どもと妻が帰ってくると

お花もらったの!

と嬉しそうな娘。見ると立派なバラを沢山いただいたようでした。ご近所さんはきれいに咲くバラを、そのまま玄関先のみで楽しむのではなく、近所に住む私たちにどんどんお裾分けをしてくれているようです。嬉しいプレゼントにみんなで花を愛でています。

うちの紫陽花も、お裾分けが出来るくらいきれいに咲いてくれるといいな。そんなことを思う今日この頃の私。

 

 

他のブログも見る

 

 

5月の法話会

5月の法話会は、対策を徹底の上、皆様に参拝していただける形式で15日(土)14時から宗祖降誕会を行いました。アーカイブにも残っておりますので、下の画像からお参りいただけます。どうぞ、お参りくださいませ。

上の画像よりYouTubeにとべます

オンライン法話会

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

 

 

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺