くるりん

 昨日まで、京都にあるご本山では御正忌報恩講が勤まっておりました。インターネットで参拝も出来るため、参拝なさった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 私も、少しだけお参りをさせていただきました。いつかまた、ご本山でお参りが出来る日を心待ちにしております。

 オンラインでの参拝はご本山や、築地本願寺だけでなく様々なお寺でも行っております。慶念寺でも行っておりますし、様々なお寺でも新たな試みとして取り組まれています。是非、いろいろと探してお参りいただければと思います。

オンラインにて通夜布教をお聴聞(現在は視聴できません)

 ただ、オンラインで終わらせてしまうのではなく、いつかまた気軽に動けるようになった際には実際に足を運んでお参りください。仏様の前に座ることは、画面越しにお参りする以上の何かがあります。

 また、実際にお寺などに足を運ぶのが難しくなってしまったご家族を持つ方もいらっしゃるかと思います。是非そういった方がいたならば、ご一緒にオンラインでお参りいただければとも思います。 

 さて、タイトルですが、写真のお人形の名前です。ちょっと前に保育士をしている私の姉が、何かの付録でついていたものを私の娘にくれたのです。

くるりんという名前は、娘がつけました。

 初めのころは、私がつけて娘と遊んでいたのですが、あまり娘には評判が良くない。なので、久しくしまわれておりました。この度日の目を見ることになったのは、娘が成長し、自分で装着できるようになったからです。

 なぜ評判が悪かったのか。

写真の2枚目をご覧ください。

おわかりいただけたでしょうか。

めちゃくちゃ気味が悪いんです。大人がつけると、ものすごく首が長くなるんです。1枚目の娘がつけているくるりんと私がつけているくるりん。まるで別物です。

 写真ではなんとなくかわいらしく見えなくもないですが、実物はもっと不気味です。動くんですから。

何はともあれ、我が家は今日も平和です。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。今月の法話会は下の画像からもお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

 

 

 

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺