ひっさしぶりの生田緑地

迷い込んでしまった道。娘はお母さんと手をつないで楽しそう

 昨日のブログ「お手伝いがしたい」に少し書きましたが、日曜日は生田緑地に行ってきました。

 日曜日。私に特に仕事がなかったこともあり家族みんなでお弁当を持って生田緑地にピクニックに。午前中に車で向かい、すんなりと駐車場に入ることが出来ました。

 数年前に一度娘を連れて生田緑地に行ったことがありますが、娘はまだヨチヨチ歩き。中央広場で遊ぶには「大きなお兄さんお姉さんがいて怖いな」と思い、満足に遊ばせてあげることが出来ませんでした。

 今だから思います。初めての子どもということもあり、慎重になりすぎて遊ぶ機会を奪ってしまったのかもしれないと。

 ともあれ、今回はもうそんなことはいたしません。当時の娘と同じくらいの息子はのびのびと解き放ちました。

客車近づくと大きさが際立ちます。

まずは中央広場のスハ42型客車のもとへ。最近大きな乗り物に興味津々の息子。フンスフンス言いながら興奮している様子。本当はこの近くにD51蒸気機関車もあるのですが、改修工事中で、近づくことはかなわず。残念。そして、ひとしきり外から客車を眺めた後に息子に手を引かれて乗り込むことに。〈客車に関して詳しくはコチラ(川崎市HP)

外にいるお母さんとお姉ちゃん(写ってない)に手を振る息子

 そのあとは、父の子どものころの不確かな記憶を頼りに散策をして迷ったり、中央広場ですごい道具を使ってシャボン玉をつくっているおじさんのもとで大興奮でシャボン玉を追いかけたり。(中央広場の子どもの約8割がシャボン玉を追いかけておりました)

 ひとしきり遊んだ後に、シートを広げてお弁当タイムにすることにしました。

お弁当タイム弟におにぎりをむいてあげるお姉ちゃん

お弁当作りを手伝ったこともあり、娘もなんだか誇らしげ。弟におにぎりをむいてあげていました。ポカポカ陽気。気持ちのいいお昼ごはんになりました。

 お弁当を食べたら、枡形山広場へ。娘は広場の遊具に夢中(他の子ども達も写っているため写真は載せられません。ごめんなさい)息子はまだ遊具では遊べないため、土遊び

土遊び。もうドロドロです。楽しそう。

 ひとしきり遊んだ後、帰ることにしました。枡形山広場から駐車場に向かう途中、息子がいちいち立ち止まります。

「どうしたんだろう。疲れちゃったかな?」

そう思って見てみると、道の植栽が気になっている様子。葉っぱが日の光を浴びてキラキラしています。止まっている息子に気づいて近寄るお姉ちゃん。二人で

「キラキラしてるねー」

と眺めておりました。

キラキラの葉っぱ。息子は後頭部が鳥の巣のようになっています

 そんなこんなで駐車場に到着。日曜日にやっているマルシェで娘はソフトクリームを買ってもらい大満足。私は遊園にあるベーグル屋さんが出店していたので、ベーグルを購入。子ども達がお昼をよく食べたので、私は少しおなかがすいていたのです。次の日の朝ごはんとあわせて3つ購入しました。その中でも私が気になったのが

「のらぼうサンド」

生ののらぼうが挟まっているのですが、シャキシャキとして、のらぼうの甘みとベーグルのうまみが一体となり、とても美味しかったです。ぜひ、皆様お試しあれ。HPから取り置きの予約もできるそうです。(ベーグルカンパニーHP)

紅茶のベーグルとイチゴのベーグル、そして、のらぼうサンド

 しかし、結局のらぼうサンドは、ほとんど子ども達の胃袋に収まってしまうのでした。

帰ってきてからは花粉の名残がすごく夫婦そろって

「目が痒いー花がグズグズするー」

となってしまいましたが、楽しいお休みになりました。

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。今月の法話会は下の画像からお参りいただけます。

上の画像からYouTubeにとべます

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺