なぁ~つのお~わ~り~

朝晩はだいぶ涼しくなってまいりました。

夏の終わりを感じる今日この頃。

今年も妻の実家のある岡山に行くことは出来ず、子どもたちはただ岡山のおじいちゃんおばあちゃんに会いたくなっているようです。

いつかとおなじような風が吹き抜けても、同じ風ではなく、今年の風。

私も妻も、ワクチンを打ったとはいえ、岡山へ自由に行き来できた日と同じではありません。

早く気軽に遊びに行ける日が来てほしいと思います。

でも今はまだテレビ電話で我慢。

さて、実は、夏のはじめに

今年の夏どこかでやろう

と思って買っていたものがありました。

それが、花火。

しかし、なんだかんだでタイミングを逃し続け、9月も半ばにに突入。

娘が

花火したいの~!

と言うので、実家に打診。我が家の前ではご近所迷惑になるかもしれないので実家の境内で行いました。

1人早めに夕食を終え、花火の準備。

娘も慌てて夕食を食べ、

娘も準備しに行く!!

しかし、廃棄予定のロウソクを探し火の準備をしたり、バケツに水を入れたりするときに、足元をちょろちょろされるとちょっとアレなので、

まだ来なくていいよ

と言って一人で準備に向かいました。

しかし、どうしても待ちきれない娘。

坊守
お父さん、準備できたら呼ぶって言ってたよ

という妻の制止をふりきり

大丈夫!まだって言われたらすぐに帰ってくるから

と言って、火の準備をしている私のところにやってきました。

準備が出来たら呼ぶからまだ来ないで!

と言うと、すぐに戻った娘。後で妻から聞いた話によると、

まだだから来ないでって言われちゃった……

としょんぼりして戻ってきたそう。

ともあれ、準備完了花火開始です。

楽しそう。念願の花火にウキウキの娘。次々に花火に火をつけていきます。

一緒に花火をしていた、保育園・小学校・中学校・高校生のいとこたちもも楽しそう。

ちなみにこの男、人生初花火です。

お母さんに支えられての初花火。夢中になって楽しんでおりました。

もっかいやるもっかいやる
息子

と花火とロウソクの間を行ったり来たり。妻も息子と常に小走り。

しかし、限りがある物です。花火もとうとう残り一本。

ラストの花火を手に取ったのは娘。

しかし、タッチの差で花火を取りに訪れたのが、娘の一歳年上の従兄。

どっちももう一本やりたいのは間違いありません。どっちも譲りたくない。

じゃあ、最後は2人で一緒にやったら?

と言うと、すんなり二人で一本の花火を持ちロウソクのもとへ。

初めての共同作業のようなラスト花火。仲良く、後腐れなく終えることが出来ました。

このくらいの年齢。声掛け次第で涙のエンディングを迎えることは少なくありません。今回は笑顔でフィナーレ。親も一安心です。

そして、帰宅。

初めての花火に大興奮で息子が

息子
はっびー!!はっびーー!!!!!

と布団の中で大騒ぎ。なかなか寝なかったのはまた別のお話。

 

他のブログも見る

 

9月の法話会

9月11日(土)14時より
オンライン、無参拝にて「秋季彼岸会(秋のお彼岸)」を行いました。

下の画像からお参りできます。ぜひお参りくださいませ。

アーカイブされていますので、後日改めてお参りいただけます。是非お時間がある時にリラックスしながらお聴聞ください。

オンライン法話会

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

公開講座の動画限定公開中(パスワード保護されています)

先日行われた公開講座の動画を申込者限定で公開しております。こちらからご覧ください。

動画の視聴をご希望の方は問い合わせフォームから、「公開講座視聴希望」とご連絡ください。パスワードをお伝えいたします。

ご法事やお葬儀のご相談はお気軽に

慶念寺とゆかりがない方でも、ご法事やお葬儀のご相談はお気軽になさってください。

「火葬だけしたんだけどやっぱりお経をあげて欲しい」「派遣でお坊さん呼んだんだけど、以降連絡が出来ない」

そんなご相談も承ります。もちろん、その他のご相談もお気軽にお尋ねください。相談のみでも大丈夫です。

できる限り丁寧に対応いたします。

「ご法事についてのご相談」

「お葬儀のご相談」

の問い合わせフォームからでも結構ですし、お電話でのご相談も承ります。直接いらっしゃる場合は一度ご連絡ください。

些細なことなどありません。気になることはお気軽に。

 

 

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺