相模原にて尊いご縁を賜りました

昨日は午後に相模原にあるとある葬儀会館へ。

相模原市営斎場の近くにある葬儀会館です。

しかし、お葬儀に行ったわけではありません。では、何をしに行ったのか。

都市開教の大先輩のお寺の秋季彼岸会が、そこで執り行われるので、その法話のご縁を賜り行ってまいりました。

そのお寺は、相模原にある蓮向寺様。

こちらの副住職様は、私が子どものころから子ども会などでお世話になった方で、

今は都市開教の大先輩として、公私にわたり様々にアドバイスを頂いております。

実は、7月に慶念寺の盂蘭盆会を登戸の葬儀会館で行ったのも、こちらのお寺のやり方を参考にさせていただきました。

少々早めに到着すると、もう準備は整っておりました。

準備をしている副住職様に

あのー、差し支えなければ今日の事、うちのブログに書いてもよろしいですか?

と聞くと

「いいよ!!」

とご快諾くださいました。

なので、法要前のお飾りをパシャリ。

 

私は、最近この季節に布教のご縁を頂いたときには、私が純粋に好きなのと、皆様に多摩川梨を知っていただきたいので、多摩川梨をお供物として持参するようにしております。

これ、お供え下さい

と渡すと、早速お供えしてくださいました。

副住職様も

「大きくて美味しそうだね!」

とよろこんでくださいました。

そんな中、

厚かましくも

出来ればでいいのですが、お話しているところを写真に撮っていただけますか?

と、聞くと

「いいよ!!!」

とこちらもご快諾くださいました。感謝です。

と、言うことで出番の時間まで私は待機。法要後にお声がかかりました。

お彼岸のご縁と言うことで、お彼岸のお話を一休さんと蓮如上人の逸話をまじえつつ、お話をいたしました。

広い会館なので、皆様のソーシャルディスタンスもばっちり。換気も消毒も体温チェックも万全です。

安心して、ご一緒に「南無阿弥陀仏」のおはたらきをお聞かせいただきました。

昨年はまだ、どのように対策していいのかノウハウも少なく、法要やご法座の開催を見送るお寺も多くありました。

しかし、最近ではそれぞれのお寺で対策を考えて法要を執り行うお寺が増えてきたようにも感じます。

私も「慶念寺に出来ること」を考えながら、これからも活動していこう。そんな力をもらえる一日となりました。

 

他のブログも見る

 

9月の法話会

9月11日(土)14時より
オンライン、無参拝にて「秋季彼岸会(秋のお彼岸)」を行いました。

下の画像からお参りできます。ぜひお参りくださいませ。

アーカイブされていますので、後日改めてお参りいただけます。是非お時間がある時にリラックスしながらお聴聞ください。

オンライン法話会

これまでの法話会。メニューのオンライン法話会から、お参りいただけます。時間がなかったという方。ぜひお手すきの時にでもお参りください。

公開講座の動画限定公開中(パスワード保護されています)

先日行われた公開講座の動画を申込者限定で公開しております。こちらからご覧ください。

動画の視聴をご希望の方は問い合わせフォームから、「公開講座視聴希望」とご連絡ください。パスワードをお伝えいたします。

ご法事やお葬儀のご相談はお気軽に

慶念寺とゆかりがない方でも、ご法事やお葬儀のご相談はお気軽になさってください。

「火葬だけしたんだけどやっぱりお経をあげて欲しい」「派遣でお坊さん呼んだんだけど、以降連絡が出来ない」

そんなご相談も承ります。もちろん、その他のご相談もお気軽にお尋ねください。相談のみでも大丈夫です。

できる限り丁寧に対応いたします。

「ご法事についてのご相談」

「お葬儀のご相談」

の問い合わせフォームからでも結構ですし、お電話でのご相談も承ります。直接いらっしゃる場合は一度ご連絡ください。

些細なことなどありません。気になることはお気軽に。

 

 

-日日慶念寺(ブログ), 活動報告

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺