朝のお参り

 一昨日の晩、なんだか無性におもちゃをお供えしたくなって、本堂におもちゃをお供えいたしました。なぜ?なぜでしょう。不思議なこともあるものです。ちなみにこのおもちゃは、事前におばあちゃんに買ってきてもらいました。

 そして昨日の朝、最近は一緒にお参りしてくれることも少なくなってきた娘に

私「いっしょになんまんだぶしよ」

と誘ってみました。すると

娘「はーい」

と。アラ素直。

お参りをすると、本堂に見慣れない包み紙がお供えしてあります。

娘「これなーに?」

私「まず最初になんまんだぶしてからでしょ。そしたらおさがりいただこうね」

娘「なんまんだぶなんまんだぶ」

娘「これ誰が買ってくれたのー?」

私「誰だろうねー」

そして、お着替えをして早速包みを開けておりました。中に入っていたのはかばんに入ったキラキラのおもちゃ。とても嬉しそう。保育園に行く時間になっても遊びたくてソワソワしておりました。

 そして帰ってきて、早速広げて遊んでおりました。するとこんなことを言い出しました

娘「このおもちゃ、おばあちゃんが買ってくれたんだってー」

え?誰が買ってくれたかは伝えていないはず。どうして?

私「なんで?誰かから聞いたの?」

娘「先生とおばあちゃんがお話してたんだよ。で、言ってたの」

おばあちゃんは、保育園の園長先生。保育園の先生と話をしていてもおかしくはありません。そうか…まぁ、別に隠すことでもないしいいのかなぁ。

娘「でね。○○(娘の名前)あーあ聞いちゃったって思った」

決してがっかりした風ではなかったのですが、「なんだか聞いてはいけないことを聞いてしまった」という思いがあったようです。ともあれ、これで年末年始を楽しく過ごしてくれればと思います。

ちなみに、昨日のブログを書いた後、早速妻に

「この年末年始で仕事部屋片付けてね」

と言われてしまいました。頑張ります…

今までのオンライン法話会のアーカイブを作成いたしました下のリンクもしくは、メインメニューよりお参りください。

オンライン法話会

ブログバックナンバー

-日日慶念寺(ブログ)

© 2021 浄土真宗本願寺派 川崎多摩布教所慶念寺